Home > ライブレポ > 1999/01/29 マンスリーライブ ライブメモ

1999/01/29 マンスリーライブ ライブメモ


過去ログより転載。

 東京駅八重洲口を出て少し。あるビルの入り口から続くやや狭い階段を下ると、そこは別世界。白塗りの壁、キャンドルをかたどったシャンデリア、前には大きな木の扉が2つ。まるで町の小さな教会、そんな場所が東京建物八重洲ホールです。こういう場所を選ぶところも和泉さんのセンスが光るというか。で、いつものように曲目を書いたリーフレットが配られました。「和泉派。」の管理人である手前、レポートしなきゃ、という気持ちはありつつも、とにかくじっくり聴きたいっていう場合、こういうものをもらえるととっても助かってしまいます。
 で、コンサート。「リーラァーックスしていいですよー。」と和泉さんは言うものの、やっぱりちょっと咳するのもためらわれるような雰囲気でした。今回の曲目は、アルバムに収録されるものが中心。3月に発売のアルバムは10日前に収録が終わったばかり、さらに5月発売のアルバムに収録される予定の「探梅」と「荒城の月」に関しては和泉さん曰く「公開リハーサルのようなものです(笑)」ということからか、1つ1つの音を、響きを、重なりを確認するようにゆっくりと演奏されていたのが印象的でした。最初唱歌と聴いたとき、正直に言って「うーん・・・」という感はあったけれど、聴いてみるとそんなことありません。しっかり和泉ワールドは感じられましたよ。「雪の降る街を」や「月の砂漠」などは特に驚きでした。和泉さんが弾くとこうなるのかっていう。十数年ぶりにピアノの前で新年を迎えた、という和泉さん。唱歌の持つ独特な暖かさも取り込んで、今年もいい音楽を聴かせてくれそうです。
 マンスリーライブ、ということで、和泉さんの近況報告コンサート、という感じになるみたいです。その時その時の和泉さんが見られると思います。あ、毎回、和泉さん自ら選んだワインも用意されるようです。「しっかりとした赤、きっぱりとした白」なワインが飲みたい方もぜひどうぞ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.songs-inside.com/report/148/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
1999/01/29 マンスリーライブ ライブメモ from 和泉派。

Home > ライブレポ > 1999/01/29 マンスリーライブ ライブメモ

Search
Feeds
Meta

Return to page top